FC2ブログ

    関西フィルハーモニー管弦楽団 第290回定期演奏会〜Kansai Philharmonic Orchestra No. 290 Regular Concert




    BCF5CE04-6B5D-4B44-8EA1-41D2897EC2E7.jpg

    🌹 Followed by English translation.🌹

    関西フィルハーモニー管弦楽団 第290回定期演奏会

    指揮:飯守 泰次郎
    管弦楽:関西フィルハーモニー管弦楽団
    楽曲:ブルックナー〜交響曲第8番 ハ短調
    会場:ザ・シンフォニーホール

    Kansai Philharmonic Orchestra No. 290 Regular Concert

    Conductor: Taijiro Iimori
    Orchestra: Kansai Philharmonic Orchestra
    Music: Bruckner's Symphony No. 8 in C minor
    Venue: The Symphony Hall

    定期演奏会の新年度のシーズンを迎え
    シーズントップを飾るに相応しい本日のプログラムでした
    会場は3階の隅々まで満員に埋まりホール全体に熱気が漂っていました

    演奏前のプレトークで指揮者の飯守さんは
    「この曲にはたいへん手間暇をかけました」と言われましたが
    クラシックを代表するこの屈指の大曲を見事に指揮されました

    写真は第一ヴァイオリンの野口まつのさん

    Setting of the new season of scheduled concerts, today's program is an apt start to the new season.
    The warm air flowed through the hall as every seat of the third floor music hall filled.

    In an interview before the performance, conductor Mr. Iimori said he had "put a lot of time and effort into the work" and this shows in his superb direction of one of classical music's most renowned pieces.


    2018-03-31910913-12-28a12.jpg

    第三楽章のアダージョはヴァイオリンとチェロの神秘的で美しい旋律が展開され
    多くのお客さんが心から目当てにしていたに違いありません

    そして終演後はいつまでも拍手が鳴り止まず
    会場は熱い心で一杯になりました
    私たちは楽団員の芸術に対する情熱と真摯な姿を
    新ためて目の当たりにすることになりました

    写真はは第二ヴァイオリン首席奏者の増永 花恵さん

    The haunting beauty of the violin and cello interplay elaborated in the third movement's adagio left many audience members visabily moved.

    After the performance, it seemed like the applause would never end.
    The atmosphere was electric in the audience, having once again witnessed the musician's passion and devotion to their art.


    下の写真は定期演奏会のブルックナー8番の練習シーン(オフィシャルより)
    「本当に心を揺さぶる、素晴らしく深い音楽です…✨
    練習中の飯守さんの指示も、いつも以上に深遠な言葉が連なり、音楽が豊かになっていきます!!」
    とのことです


    29063945_1666808073365971_7798494419236941436_o.jpg

    関連記事

    Comments 0

    Leave a reply