FC2ブログ

    五嶋龍〜コンサート・ミストレス 日下紗矢子〜ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団♤♡Ryu Goto~Konzerthausorchester Berlin




    17311123_10155074694453476_450467109431803678_o.jpg

    写真はベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団・オフィシャルより
    2017年3月23日来日公演時のコンサート・マスター・日下紗矢子さん
    Sie pendelt zwischen zwei Ländern, ihre Heimat ist aber immer die gleiche: Musik. Ein Gespräch mit unserer Ersten Konzertmeisterin Sayako Kusaka während einer der vielen Zugfahrten im berühmten Shinkansen:


    🌹 Followed by English translation.🌹


    [指揮]エリアフ・インバル
    [ヴァイオリン]五嶋龍
    [管弦楽]ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団

    [プログラム]
    メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64
    マーラー:交響曲 第1番 ニ長調 「巨人」

    五嶋龍さんは感性に流されない知性的な演奏で
    非常に抑制の効いた重厚ささえたたえるような出来栄えだった
    ファンらしき若い人が多く来ていたようでホールは熱気に溢れていた


    [Conductor] Eliahu Inbal
    [Violin] Ryu Goto
    [Orchestra] Konzerthausorchester Berlin

    [Program]
    Felix Mendelssohn: Violin Concerto in E minor, Op. 64
    Gustav Mahler: Symphony No. 1 in D Major, 'Titan'

    Ryu Goto, in a dispassionate and intellectual performance,
    displayed an execution that was praiseworthy for its incredibly restrained gravitas.
    The many young people in attendance, seemingly fans, had the hall brimming with enthusiasm.


    17492431_10155074695463476_1433544463408630404_o-2.jpg

    写真はベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団・オフィシャルより
    2017年3月23日来日公演時のコンサート・マスター・日下紗矢子さん




    コンサートミストレスは日下紗矢子さん
    日下紗矢子さんのリードがすごい
    円熟のエリアフ・インバルと日下紗矢子さんが知り尽くしたように
    オーケストラを引っ張っていっている

    全曲が終わるまで日下紗矢子さんをただひたすらじっと見つめていた
    他を見る余裕などとてもなかった

    どれだけ海外で彼女は苦労を乗り越えて今があるか
    クラシック音楽を聴く人はそのような目に見えない世界に想いを馳せているだろうか
    いろいろ想いを馳せると胸が熱くなり
    目頭が熱くてただひたすら日下紗矢子さんを見つめていた

    海外の地で奮闘している日本人のクラシック音楽家は実際には人が知る以上に大変多い
    マスコミはそんな日本のすごさを報道しない

    私はフェイスブックで5千人の日本人のプロのクラシック音楽家と友達になり
    長年にわたって彼女たちの音楽活動や生活の様子を見てきた
    彼女たちの知られていない苦労や努力は一般の人たちからは想像を超えた別世界の話である
    そしてどれほど海外の第一級のオーケストラで活躍する日本人音楽家が多いことか

    今日は日下紗矢子さんを見るだけで心が一杯に満たされた
    再現芸術はその背景にあるその人の「その人自身」を知ることも大切である
    音楽を奏でるその人という「人間」が再現するものがクラシック音楽という再現芸術である

    その音楽家の長年の音楽生活で養われてきた音楽感性を人間と感じることができますか

    The concert mistress was Sayako Kusaka.
    Sayako Kusaka’s lead was breathtaking.
    Eliahu Inbal, a seasoned veteran, and Sayako Kusaka seemed to have complete familiarity with the orchestra as they elicited the performance.

    I was staring intently at Sayako Kusaka until all of the pieces were complete,
    and had absolutely no room to pay attention to anyone else.

    How much hardship must she have worked to overcome overseas to be where she is today.
    Do those who listen to classical music give more than a passing thought to that unseen world?
    When I turn my thoughts to these things, my heart wells with emotion.
    Staring intently at Sayako Kusaka, I was moved almost to tears.

    There are far more Japanese classical musicians struggling in foreign lands than most people are aware of.
    The mass media does not report on how impressive Japan is in this respect.

    On Facebook, I count upwards of 5,000 Japanese professional classical musicians as friends.
    Over the years, I have watched the musical activities pursued by these women and their way of life.
    Their untold hardships and efforts are as tales from another world, beyond the imagination of the general public.
    And how many know that Japanese musicians play an active part in top-ranking orchestras overseas?

    Today, my heart was filled to bursting solely at seeing Sayako Kusaka.
    For performing arts that are reenacted, it is also important to know the individual personality of those background players.
    What the musical player performs, as a “human being” is classical music as an art that is reenacted in performance.

    Can we as human beings sense the musical sensibility cultivated by that musician over long years of the musical life?


    IMG_20170318_052812.jpg

    IMG_20170318_013324.jpg

    関連記事

    Comments 0

    Leave a reply