FC2ブログ

    森麻季〜ドレスデン国立歌劇場室内管弦楽団♤♡Maki Mori ~ Sachsische Staatskapelle, Dresden




    Dd6dmpiU0AALMxz.jpg

    写真はすべて森麻季オフィシャルより(記事とは別の写真です)

    🌹 Followed by English translation.🌹

    [指揮]ヘルムート・ブラニー
    [ソプラノ]森麻季(☆)
    [管弦楽]ドレスデン国立歌劇場室内管弦楽団

    [プログラム]
    シューベルト:アヴェ・マリア (☆)
    マスカーニ:アヴェ・マリア(☆)
    パッヘルベル:カノン
    バッハ/グノー:アヴェ・マリア(☆)
    モーツァルト:ディヴェルティメント ニ長調 K.136

    ヘンデル:歌劇「リナルド」より"私を泣かせて下さい"("涙の流れるままに")(☆)
    ヘンデル:歌劇「エジプトのジューリオ・チェーザレ(ジュリアス・シーザー)」より"つらい運命に涙はあふれ"(☆)
    J.S.バッハ:G線上のアリア(管弦楽組曲 第3番より)
    プッチーニ:歌劇「ジャンニ・スキッキ」より“私のお父さん”(☆)
    モーツァルト:交響曲 第29番 イ長調 K.201

    (☆)森麻季


    [Conductor] Helmut Branny
    [Soprano] Maki Mori(☆)
    [Orchestra] Sachsische Staatskapelle, Dresden

    [Program]
    Schubert: Ave Maria (☆)
    Mascagni: Ave Maria (☆)
    Pachelbel: Kanon
    Bach / Gounod: Ave Maria (☆)
    Mozart: Divertimento in D major K.136

    Handel: "Let me cry" from the opera "Rinaldo" ("Here let my tears flow") (☆)
    Handel: From the opera "Julio Cesare (Julius Caesar) in Egypt," "Flow, my tears" (☆)
    J. S. Bach: Aria on the G line (from Orchestral Suite No. 3)
    Puccini: "My Dad" from the opera "Gianni Schicchi" (☆)
    Mozart: Symphony No. 29 in A major K. 201


    DS1oE-FUMAA9bSY.jpg

    森麻季さんはいつものように、あまりにも繊細でしなやかな歌声でした

    儚さや今にも壊れそうなか弱さ、そして奥ゆかしさ
    日本的な何とも言えない美しい歌唱表現は
    日本人のメンタリティーに合った言わば日本のアイデンティティーとも言えるものです

    森麻季さんが歌い終わった時、室内管弦楽団の皆さんが
    「何と素晴らしい」と驚きと称賛と憧れの表情で
    森麻季さんをじっと眺めていたのがとても印象的でした

    森麻季さんから伝わる風韻はまさに大和撫子で日本人が再現する再現芸術です
    それが多くの観客の心を捉えて離しませんでした

    Ms. Maki Mori sang with an amazingly delicate and ductile voice as usual.

    It was fleeting, fragile, and deep.
    The elusive beauty of her Japanese-style singing expression matches the mentality of Japanese, and it can be said to be the identity of Japan.

    It impressed me that after Ms. Maki Mori finished singing, members of the orchestra gazed at her with an expression of amazement, praise, and admiration, saying How wonderful!

    The elegance we feel from Ms. Maki Mori is that of a Yamato Nadeshiko, an ideal Japanese woman.
    It is a form of reproduction art reproduced by a Japanese.
    It captured the hearts of much of the audience and did not let go of them.


    DS7kWQMVAAE590S.jpg

    DXhqm1cU8AAukav.jpg

    DWSJzWTUQAAYjE3.jpg


    関連記事

    Comments 0

    Leave a reply