FC2ブログ

    マイケル・ティルソン・トーマス〜ユジャ・ワン〜サンフランシスコ交響楽団♤♡Michael Tilson Thomas~Yuja Wang~San Francisco Symphony




    2016-11-20002313-13-06a.jpg

    🌹 Followed by English translation.🌹

    指揮:マイケル・ティルソン・トーマス
    ピアノ:ユジャ・ワン
    管弦楽:サンフランシスコ交響楽団

    楽曲:
    ショパン:ピアノ協奏曲第2番 へ短調
    ホロヴィッツ:ビゼーのカルメンの主題による変奏曲(アンコール)
    マーラー:交響曲第1番 ニ長調 「巨人」


    来日前のビデオ・メッセージで「深い精神性が込められた大曲を予定しています」と
    語っていたマイケル・ティルソン・トーマス 

    Conductor: Michael Tilson Thomas
    Pianist: Yuja Wang
    Orchestra: San Francisco Symphony

    Track Listing:
    Chopin: Piano Concerto No. 2 in F minor
    Horowitz: Variations on a Theme from Bizet’s Carmen (at encore)
    Mahler: Symphony No. 1 in D major “Giant”


    In his video message released prior to his visit to Japan, Michael Tilson Thomas revealed his plan to “perform big pieces with profound spirituality”.


    2016-11-20000716-27-02a.jpg

    まず、フェスティバルホールの舞台に現れるなり
    その体から燦然と輝く品格の美しさに感動させられました
    このように世界の一流オーケストラには
    いつも舞台入場でまず胸が詰まらせられます

    そして、ユジャ・ワンは個性的にいつものように目を見張る服装で現れ
    ショパンを爽やかに演奏していました
    ショパンの繊細で澄んだ音色は
    ユジャ・ワンの音楽感性の深さを現すものでもありました

    ところがアンコール曲で演奏されたのが「ビゼーのカルメンの主題による変奏曲」
    聴衆を圧倒する圧巻の演奏であの大ホールの観客を一気に飲み込みました
    会場全体が圧倒されて感動とも動揺とも付かない雰囲気に包まれました

    やはりユジャ・ワンはこのような迫力ある演奏が才能を感じさせるのでしょうか

    Upon his arrival at the center stage of the Festival Hall,
    I was overwhelmed by the beautifully classy aura radiating from his silhouette.
    The finest musical talents of the world never fail
    to stun us as impressively as this at the first entrance.

    Then, Yuja Wang appeared, as usual, in the eye-opening and distinctive attire, and
    crisply played the Chopin piece.
    The delicate and clear sound of Chopin’s
    vividly showed off the musical sensibility of this outstanding pianist.

    Contrary to the general expectation, the piece performed at the encore was
    “Variations on a Theme from Bizet’s Carmen”. The stunning performance
    instantly grabbed the attention of the audience in this large concert hall.
    Everyone in the venue, with no exception, was overwhelmed and
    left in either inspiring or agitating sensation.

    It seems that such a powerful performance is the best to demonstrate the talent of Yuja Wang.


    2016-11-20000913-45-02a.jpg

    サンフランシスコ交響楽団の演奏は端正で癖のないまとまったものでした
    それは日頃、家で聴くステレオから流れるCDの名演奏と同じ様に
    これがサンフランシスコ交響楽団なんだと思わせる、美しい、心を洗う演奏でした

    オーケストラが奏でる音楽性に
    知的で美しい品性が重視されている様に感じられてならないのです

    The performance by San Francisco Symphony was handsome, smooth and solid.
    Just like the masterpiece on CD we usually listen to on the stereo in our own home,
    the performance on that night was heavenly and soothing, a clear declaration of
    what this symphony is capable of.

    I just could not shake off the idea that the orchestra truly valued the intellectually and beautifully fine character in the musical brilliance it played out.



    関連記事

    Comments 0

    Leave a reply