FC2ブログ

    佐渡裕指揮 トーンキュンストラー管弦楽団


    13130982_1027576507295976_5202379110782405172_o.jpg

    上の写真はオフィシャルより、ウィーン楽友協会での来日直前の佐渡さんたちです アリス=紗良・オットさんとレイ・チェンさん


    第54回 大阪国際フェスティバル2016 提携公演
    佐渡裕指揮 トーンキュンストラー管弦楽団

    ヴァイオリン:レイ・チェン
    管弦楽:トーンキュンストラー管弦楽団
    楽曲:
    ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品61
    R.シュトラウス 交響詩 英雄の生涯 作品40


    前年、トーンキュンストラー管弦楽団の音楽監督に就任した佐渡さん
    2016年には日本ツアーを敢行しました

    就任のお祝いムードが漂うこの日のフェスティバルホール
    日本クラシック界のお祝いに
    多くのクラシックファンがホールに駆けつけました

    何よりもご本人自身が「話を聞いたときは驚きました」という言葉の通り
    クラシックファンの私たちは驚いてしまいました



    13130833_1027576757295951_395418481672301938_o.jpg


    この日、コンサートではいつもの通り佐渡さんのプレトークが始まります
    佐渡さんのコンサートには暖かい雰囲気が漂いますね

    いつものおおらかな調子で流暢に流れるトーク
    この時点でホールは佐渡さんの世界になっています

    演奏を終えた時も、ブラボーと立って拍手をされるお客さんに
    佐渡さんはきちんと視線を向けて丁寧にお辞儀をされ

    トーンキュンストラー管弦楽団の楽団員たちは微笑みを浮かべて
    佐渡さんの凱旋公演に暖かい愛情が息づいていることが感じられました

    終始、謙虚に振る舞う佐渡さんでしたが
    まさにハッピームードに包まれた一日でした

    ちなみに報道にもありましたように
    他会場の兵庫県立芸術文化センターでの公演では

    演奏が終わった瞬間、楽団員が満面の笑顔になり
    ブラボーの歓声と鳴りやまない拍手に何度舞台に出てきても
    佐渡さんはずっと泣きっぱなしだったようですね

    幸せをみんなで分け合って最高でしたね



    13217097_1027576753962618_1746981087088846887_o.jpg



    関連記事

    Comments 0

    Leave a reply