FC2ブログ

    河村尚子〜山田和樹指揮 バーミンガム市交響楽団


    img_0ddcc9af1d9c6d8035b2c67c368e56e1108285a.jpg


    指揮:山田和樹
    ピアノ:河村尚子
    管弦楽:バーミンガム市交響楽団
    楽曲:ラフマニノフ ピアノ協奏曲 第3番
    会場:フェスティバルホール

    河村さんと言えばラフマニノフ ピアノ協奏曲 第2番のレコーディングをされていますね

    この時に彼女はラフマニノフのイメージは
    「シャープで無駄な贅肉のない一面、
    冷静さの中に秘められた熱いものを感じた」と語られていました

    そしてロシア的とされていたイメージも自作自演を聴くと
    「テンポも速く、演奏もきびきびしていてシャープだった」
    と感想を語られていました

    河村さんにとってのラフマニノフがイメージとして
    彼女の体の中にあったようです



    13528661_1031347116954146_6468130410701778704_n.jpg


    上の写真はオフィシャルより この日の公演後の記念撮影:
    大阪のフェスティバル・ホールでラフマニノフのピアノ協奏曲第3番を演奏した後
    舞台袖にて指揮者の山田和樹氏とコンサートマスターのトモ・ケラー氏と共に



    この日の演奏も甘美でロマンティックな美しさと暗さ、哀切さを際立たせるように
    鍵盤上を彼女の指先が走りました

    この日の一番の聴きどころはドラマティックに盛り上がる第3楽章
    圧倒的な超絶技巧テクニックで表現されるダイナミズム
    それは河村さんの魂が込められたエンディングでした

    ピアノ演奏を終えるや否や
    椅子から飛び降りて指揮者の山田さんに飛びついて抱き合う
    劇的な幕切れでした
    まさに渾身のピアノ演奏を私たち観客に見せつけてくれました



    9.jpg



    関連記事

    Comments 0

    Leave a reply